BLOG

16日日曜日まで!!

※6月16日(日)まで開催しております!!

お時間あれば、見に来て下さいませ!!

 

_DSC0203.jpg

DEAD STOCK EYEWEAR FAIR

 

 

それに際しまして、ヴィンテージデッドストックの眼鏡が

僅かですが手に入りましたので

 

DEAD STOCK EYEWEAR FAIR

 

NO name! LIBERTY STOREにて開催致します!

 

 

そもそもDEAD STOCK EYEWEAR を手に入れる経緯とは。。。

ある日、My BOSS 古俵 氏が打ち合わせで大阪に行ってた時の事、

休憩の合間に 明らかに歴史を刻んでいる老舗眼鏡店を発見!!

中に入り、眼鏡を物色していると

話が合ったことがきっかけです!

店主曰く80年以上店を構えている老舗だそうで、

古俵氏のやっている事、熱意に心打たれ

 

倉庫に眠っていた

デッドストック眼鏡を

好意もあって譲り受ける形となりました。

店主の方には心からの感謝ですね!!

それでは

手に入れたDEAD STOCK EYEWEAR をご紹介致します!!

コチラがメインのフレーム!!

_DSC0078.jpg

_DSC0079.jpg

_DSC0074.jpg

素材は現在日本では使うことのほとんどない

セルロイド

セルロイドの使用が激減した最大の理由は可燃性が極めて高いので

それに代わる安価で機能性が向上した合成樹脂にとって代わっている。

セルロイドの長所は

石油系プラスチックとは異なる質感で、光沢があり奥行がある。

美しい独特の色柄を再現することができ、吸水性が有り触り心地がいい。

個人的に感じる感触としては

しっとり、もちもちした質感です。

_DSC0075.jpg

三枚蝶番のしっかりしたディティール。

_DSC0076.jpg

マイナスネジ使用。
_DSC0083.jpg

セルロイドの材質を使用、

マイナスネジを使用していることから

おおよその年代判別が可能です。

プラスネジを日本に持ち込んだのは

あの「本田宗一郎」だとか。

1952年に米国視察以降みたいなので

1960年以前の眼鏡ということになりそうです!

_DSC0080.jpg

昔ながらのサイズスペックも

刻印表記されております。

※ブランド不明

●日本製

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてメタルフレーム2種をご紹介!

コチラは希少性が高く

数もほとんどございません、悪しからず!!

_DSC0085.jpg

_DSC0086.jpg

ブリッジ裏に「1/20」の刻印。

写真には写していない札に「田中貴金属」と「12金張」と表記。

12金張とは12KGFと同義。

地金の上に金箔をはったものとなります。

つまり、1/20 12KGFとは

金属素材の重量の約1/20が12金の金箔で出来ていることを表します。

_DSC0090.jpg

_DSC0093.jpg

マイナスネジで留めた蝶番は

やはりクラシカル。

_DSC0091.jpg

左テンプル内側にはスペックが表記。

_DSC0092.jpg

右 先セル 内側

「ENA NO.50」表記。

眼鏡好き、眼鏡を普段愛用されている方ならお気付きかもしれません。

ENAとは「恵那眼鏡工業株式会社」

岐阜県中津川市にて、1947年からの創業。

一貫生産で展開の「エナロイド」と聞いたらピンとくる方も多いのでは。

こちらの 品番?50番でしょうかね??

サーモントタイプの型となっております!!

 

 

 

 

 

続いてが

メガネ好きには堪らないブランドとなります!

_DSC0095.jpg

_DSC0097.jpg

_DSC0099.jpg

_DSC0098.jpg

_DSC0100.jpg

_DSC0103.jpg

_DSC0102.jpg

_DSC0105.jpg

”ローデンストック”

”アーノルド”

1970年代に日本で流行したブロータイプのアイウェアメーカーとそのモデルとなります。

素材はセルロイド

メタル部分はSPM(サンプラチナメタル)

昭和天皇が愛用されていた丸眼鏡も同素材で作られていました。

白金で体との親和性に優れ、耐久性も高い。

今は安くて丈夫なチタンにとって代わって無くなってしまった素材です。

西ドイツの時代より作られていたモデルとなります!

コチラも残り僅かです!!

以上、DEAD STOCK EYEWEAR の紹介でした!

ヴィンテージのデッドストックとなると

小さめのサイズが多く

日本人のしっかりした顔には合い辛いものが多いのですが

しっかり大き目サイズのモノも用意致しております!!

顔大き目の人もご安心を(^^)笑

 

 

 

 

ただ、このフレームを売る。。。。

という訳ではなく!!

好きなカラーレンズをお選び頂き!!

_DSC1456.JPG

尚且つ、

洗浄、クリーニング

そして

お一人お一人の顔に合わせ

調整を行って完成です!!

 

 

 

※特殊レンズ(度あり、老眼、調光レンズetc..)を希望の方は

ワタクシ、HIROまでお声掛け下さい。

_DSC0071.jpg

_DSC0069.jpg

セルフレーム

PRICE:¥20,000(+TAX)

メタルフレーム

PRICE:¥22,000-(+TAX)

カラーレンズ代込みでの

格安で放出でございます!!

 

NO name! LIBERTY STOREにて

 

予約も承っておりますので、是非店頭までお越し下さいませ!

_DSC0231.jpg

_DSC0214.jpg

沢山の方々に見に来て頂けたら嬉しいです(^^)

 

 

 

 

 

 

DRESS HIPPY BESPOKE EYEWEAR

_DSC1715.JPG

_DSC1718.JPG

 

Bespoke eyewear とは??

オーダー可能な眼鏡のシステムを

NO name! LIBERTY STOREは常設しております。

 

オーダーの流れの詳細はコチラ。

↓  ↓  ↓

オーダーの流れ

 

 

 

いつもは13種の生地から選んで頂いていますが

 

今回は、ワタクシ HIROが

メガネの産地である福井県鯖江市に赴き、

48種のフロント生地を選んで参りました!

 

 

 

 

 

※フロント生地

 

ですので テンプルは

 

いつものBespoke eyewearの生地、

 

13種より選んで頂きます。

 

 

 

生地を選び終えましたら、

 

オーダーの流れ

 

と同様に

 

10型よりフロントデザインの選択

 

S,M,L サイズの選択

 

 

5種よりテンプルデザインの選択

 

ピンズの数と配列の選択

 

レンズの選択

32種 + クリア

度有りも可能。

 

度有りに関しましては、提携している店舗にて視力検査をしていただきます。

 

おひとり様

一枚のみの

完全限定生地。

 

 

6/6(Thu.)~6/18(Sun)

の期間を予定しており、

その期間中限定でお選び頂けます!

面白い生地を選んできているので

Bespoke eyewear

作ろうかなと悩まれていた方、

これを機に、

作ってみては如何でしょう(^^)??

 

NO name! LIBERTY STORE

 

HIRO