BLOG

今更聞けない”60/40”

皆様、こんにちは!

 

NO name! LIBERTY STORE HIROです!

 

暖かい日が続いたと思いきや、

 

寒い日が。。。

 

よく分からない天気ですね。。。

 

寒暖差激しいので

体調管理にはご留意して下さいませ!

 

 

さて、本日は

久々に知識的なBLOGを書こうかなと思います。

 

そんなに長くないのでお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

”60/40 クロス”

 

先ず読み方!! これは ”ロクヨン” と読みます。

 

何に使われているかというと。。。

 

古着が多いのではないでしょうか。。。

 

 

ちなみに、NO name! のアイテムとしては、

 

 

 

DRESS HIPPY/ROYAL DOWN

 

 

 

WEB SHOPコチラ

 

 

これらや

 

 

AT-DIRTY/DIRTY FIRE COACH JACKET 

 

 

WEB SHOPコチラ

 

コチラ

 

の表生地に使用されております。

 

 

それでは、まず、そもそも

“60/40(ロクヨン)クロス”

とは???

※60/40クロス

アメリカのアウトドアブランド
〈シエラデザインズ〉が1960年代に
開発した機能素材。

コットン60%、ナイロン40%のバランスで
混紡していることから、そう呼ばれている。

<特徴>
湿気を吸うとコットンが
膨張して水分の侵入を防ぐ。
加えて、コットンより通気性がよく、
ナイロンよりも磨耗に強い。

温度や湿度変化にも柔軟に
対応可能で、長く着られて便利。
経年変化で味が出て、
こなれ感が出てくる。

 

 

以上、これが特徴です。

 

 

では

ポリエステル100や

ナイロン100の製品

 

などとは何が違うのか?

 

<ナイロンが優れている点>
・柔軟性
・染色しやすい
・色のバリエーションが豊富
・生地の強度が高い
・ストレッチ素材に適している

 

<ポリエステルが優れている点>
・価格が安い
・熱に強い
・プリーツなど熱加工ができる

・洗ってノンアイロンで着られる。
・シワになりにくい
・速乾性に優れている。
・プリーツ加工に適している。
・日光に強い
・合成繊維の中では、熱に強い
・お洗濯で縮む事はない。
・シルキーで美しい光沢感がある。

 

勿論、ゴアテックスなど

現代のハイスペックなモノの方が

機能的であったりするのは間違いないと思います。

 

なぜ、60/40クロスに拘るのかと言えば、

 

やはり、

 

”経年変化”

 

なんですね。

 

 

シエラが出していた60/40

マウンテンパーカーは

 

時代を超えて今現在でもかっこよく雰囲気を放っている。

 

 

ポリ100、ナイロン100、ゴアテックスなどは

 

そこまでの顕著なエイジングは見られず、

ヤレる印象です。

 

 

折角、買って頂くのですから、

 

長く着れ、

 

タフでいて、

 

長年着ても経年変化を楽しめる。

 

 

そんな衣料が

 

DRESS HIPPY

AT-DIRTY

 

には多いです。

 

年齢問わず、流行にも流されにくいアイテムが多いと思います。

 

皆様と共にある、ずっと長く愛用頂けるアイテムを。。。

 

 

NO name! LIBERTY STORE

 

店長 HIRO